ディレクターズクラブ~クリエイター部

文化庁『若手映画作家育成プロジェクト』推薦団体

あずみ けいこ
Azumi Keiko
プロフィール

1965年7月生まれ 大阪出身
高校時代学園祭で歌ったことをきっかけに音楽の世界に入る

1986年 大上留利子(元スターキングデリシャスVO)に師事 リズム&ブルースを学ぶ この時期アレサ・フランクリンのsoul(魂)に魅せられ渡米を決意 1989年 単身ニューヨークに渡る ワニタ・フレミングに師事、徹底的なボイストレーニングを受ける
活動略歴
  • 1991年 帰国後、「瓢箪空独楽」「アリヨズシャッフル」「スズミーズ」等のバンドに参加
    1993年 再渡米、行く先々のライブハウスに飛び入りする大陸横断ツアー「KEIKO STREET LIVE TOUR in U.S.A」を行う(2ヶ月間)
    1994年 アジア7ヶ国をめぐるライブツアー「KEIKO STREET LIVE TOUR in ASIA」を行う(7ヶ月間)
    1995年 サポートメンバーにCR.GOLD GATESを迎えLIVE活動開始
    1996年 「KEIKO十番勝負」「わ・を・ん」「月の弦」などテーマ性のある多彩なLIVE活動を展開
    1999年
       1月 ヴォーカリストとしての自分を見つめる旅へとインドを放浪 独学でギターをマスターして帰国
       5月 遠藤ミチロウの影響を受けソロ活動を開始 ライブツアーの前座を務める
       7月 地元大阪でゲリラライブ「Tinkle Trip Tour」を行いソロヴォーカリストとしての新境地を拓く
    2000年
       4月 1stソロアルバム「The Source 」を発表
       6月 沖縄から東京まで西日本各地をまわる「The Source Live Tour」を敢行活動の幅を大きく広げる
    2001年
       1月 写真家野村恵子とのコラボレーションで詩を書き下ろし、ポエトリーリーディングを始める(作品はリトルモア出版で写真集「RUSH」に収録)
       2月 インドのゴアにて初の「The Source Liveを成功させる
       4月 ニューヨークにて恩師ワニタ・フレミングと再会。自らのヴォーカリストとしての原点を再認識する。
       5月 アサヒビール関西限定品「生一丁」のCMヴォーカルに起用される。初のプロモーションビデオ集「灰色に沈んだ都会の底から」を発売
       以降現在まで大阪、東京、沖縄にてライブ活動を行う
    2003年
       6月 毎月7日、全部で七夜のライブ「色唄七夜物語」を7ヶ月行う
  • 印刷する
    CONTACT
    ディレクターズクラブへの参加のご希望や各種お問い合わせは右記よりお気軽にお寄せください。
    • ディレクターズクラブ(クリエイター部) TEL:03-6826-8900
    • お問い合わせ
    このページの先頭へ