TopicsCLEO製作映画「蠱惑の瞳 ALLURE」月15日より宮崎キネマ館で日本最初の上映スタート!

舞台「闇の河」チラシ
2024.02.13
夏海遙舞台出演のお知らせ―劇団俳小第49回本公演「闇の河」

夏海遙舞台出演のお知らせ。

2005年にオーストラリアでベストセラーとなり世界に感動と衝撃を与えたケイト・グランヴィルの小説「闇の河」。
世界各国で翻訳出版された同小説を2015年にオーストラリアで舞台化し大ヒットした作品の本邦初演となります。

一昨年7月にコロナ大流行の為本番数日前に中止となり涙をのんだ作品が、両国シアターΧへ場所を移し、満を持して開幕!

劇団俳小第49回本公演「闇の河」
2024年2月16日(金)~25日(日)

原作:ケイト・グランヴィル、脚本:アンドリュー・ボヴェル、翻訳:佐和田敬司
演出:小笠原響
出演
千賀功嗣(劇団俳優座)、佐々木誠二(劇団昴)、
片桐雅子、夏海遙(CLEO)、
覚田すみれ、遊佐明史、
大久保卓洋、吉田恭子、手塚耕一、駒形亘昭、
佐京翔也、西本さおり、宮崎佑介、諸角真奈美、井上昇、根本浩平、井上覚

劇場 シアターカイ
(JR総務線両国駅西口から、徒歩5分)
墨田区両国2-10-14 両国シティコア1階

日時
2月16日(金) 19:00
2月17日(土) 14:00
2月18日(日) 14:00
2月19日(月) 14:00
2月20日(火) 19:00
2月21日(水) 19:00
2月22日(木) 19:00
2月23日(金・祝) 14:00
2月24日(土) 14:00
2月25日(日) 14:00

※開場は開演の30分前、ロビーの受付開始は開演の1時間前となります。

料金 日時指定・自由席
一般:4,500円
シニア割引(70歳以上):4,000円
学生割引:3,000円
ハンディキャップ席(障害者手帳をお持ちの方):2,000円※劇団窓口のみ取り扱い
※各種割引の際は当日受付にて証明書要提示

チケットのお申込み・お問い合わせは
劇団俳小HP内のチケット予約フォームから↓
https://www.haishou.co.jp/ticket.html

または、劇団俳小
TEL:(042-452-9140)
E-mail:info@haishou.co.jp

カンフェティ http://www.confetti-web.com/
でもご予約承ります。

(夏海遙のご関係の方は備考欄に、「夏海遙扱い」とご記入ください。)

あらすじ
19世紀初頭、ロンドンで盗みを犯したソーンヒルは、妻サルの機転で死罪を免れ流刑に処せられた。流刑地は南半球の果て……オーストラリア。
 数年後、赦免を受け自由の身となったソーンヒルはシドニー湾に注ぐ河の岬で、自分の土地になるかもしれない開拓地を見つける。しかしそこは先住民アボリジニたちが大切に守り続けてきたヤム芋の収穫地だった。食料や衣服の交換をきっかけに先住民との交流を深める妻サルや子供たち。しかし所有地を夢見るソーンヒルはアボリジニたちが他所へ移ってくれることを願うばかりだった。
 一方先住民を毛嫌いし、彼らを残忍に扱う開拓者らがアボリジニの討伐を計画。対立は次第に激しさを増し、ついにソーンヒルも銃を手にする。両者を隔てる“闇の河”は一体何を見たのか……。
舞台「闇の河」チラシ
舞台「闇の河」チラシウラ

2024.01.15
1月21日(日)蠱惑の瞳イベント上映開催@CLEOスタジオ(目黒)
2024.1.21蠱惑の瞳イベント上映

2024年1月21日(日)に蠱惑の瞳イベント上映を開催

本映画「蠱惑の瞳」の音楽を手掛けた塚山エリコと主題歌を歌った森圭一郎の初コラボライブと本作品の上映がお楽しみいただけます。

ご観覧希望の方はお申し込みページからお申込みください。

 

2023.12.12
蠱惑の瞳上映記念イベント 上映&森圭一郎ライブ@宮崎シネマ 12/23
2023.12.23蠱惑の瞳上映記念ライブイベント

CLEO製作の映画「蠱惑の瞳 Allure」が宮崎シネマにて12月15日より上映スタート!

日本初上映を記念して12月23日(土)には、本映画の主題歌を歌った森圭一郎さんをゲストに上映後のトーク&ライブイベントを開催いたします。
ご観覧希望の方はお申し込みページからお申込みください。
(映画観賞券&ライブイベントチケットがお申込みいただけます:締め切り12/22)

■映画「蠱惑の瞳 Allure」上映開始18:00
 森圭一郎トーク&ライブイベント19:30開始予定
■場所
宮崎キネマ館
http://www.bunkahonpo.or.jp/cinema/
宮崎市高千穂通1丁目178
カリーノTRUNK
(JR宮崎駅から徒歩12分) 宮崎キネマ館
■当日会場受付にて現金精算の上チケットをお渡しいたします。

 

2023.11.11
CLEO製作の映画「蠱惑の瞳 ALLURE」 サレルノ国際映画祭にて正式出品に選ばれました 
その他各国でグランプリや入賞など多くの賞を受賞。(11/11現在)

2023.11.01
草苅勲監督の映画「死体の人」DVD販売とオンデマンド配信開始!

本日2023年11月1日より、草苅君監督の映画「死体の人」のDVD販売とオンデマンド配信が開始されました。
まだご覧になっていない方はこの機会にぜひご鑑賞ください!

Amazon Primeで映画「死体の人」をみる!

U-NEXTで映画「死体の人」をみる!

Huluで映画「死体の人」をみる!

その他配信先多数!

Amazonで「死体の人」DVDを買う!

【あらすじ】
役者を志していたものの、気がつくと“死体役”ばかりを演じるようになっていた吉田広志(奥野瑛太)。開いたスケジュール帳はさまざまな方法での“死ぬ予定”でいっぱいだ。演じることへの強いこだわりを持つ彼だが、効率を重視するだけの撮影現場では、あくまでも物言わぬ“死体”であることを求められる。劇団を主宰していた頃の後輩俳優は要領よくテレビで活躍を果たしているが、彼にはそれができない。ある日、母(烏丸せつこ)が入院するという報せが父(きたろう)から入る。気丈に振る舞う母だが、どうにも病状は良くないらしい。さらにそこに、新たな問題が発生。自宅に招いたデリヘル嬢・加奈(唐田えりか)が忘れていった妊娠検査薬を何気なく自分で試してみたところ、何と陽性反応が出たのだ。これはいったいどういうことなのだろうか……?

Load More
loading...
ページトップへ